6FDE5D52-1BA2-492A-A5CA-E8D3C3C8C751

昨日の朝散歩。

霧が幻想的。




犬と散歩してると、人だけで歩いていたら絶対体験しないであろう出来事が起こりますよね。

人だけだったら絶対歩かないであろう道も歩きますよね。

もんちゃんと散歩すると特にそう。

犬は鼻が効くから、生き物の死骸もみつけてしまうし。

耳が良いから、隠れている生き物に気付いてしまうし。

一人だったら絶対に歩かないような藪の中を歩くから、藪の中がどんな様子なのか知ることができました。

一人だったら絶対雨の日は歩かないけど、雨の日の草むらがどんな音や匂いがするのか知ることができました。

一人だったら、40過ぎて原っぱに何十分も座り込んで風を感じながら空を眺めなかったかもしれない。

蛇がカエルを食べる瞬間に遭遇したり、モグラが一瞬顔を出してすぐ潜るのを目撃。

干しミミズになる前の半乾きミミズがゲロ吐きそうなくらい臭いことや、何が腐っても最後は皆同じ腐敗臭になることを知りました。

公園の砂場の中は猫糞だらけという事実に驚愕しました。

犬たちと暮らしていなかったら、もしかしたら知らなかったし経験しなかったかもしれない。




この間もすごい体験をしましたよ。




BEF19F28-566B-4283-BF8A-713829084D53

ここに籾殻が山積みなんですけど、もんちゃんがその頂上をじーーーーーっと見ているんです。

だんだん背中の毛が逆立ってきたと思ったら、




ドッカーーーーン!!!




籾殻の頂上が火山の噴火みたいに爆発したんです!

そして何か飛び出してきて、私ともんちゃんは「ギャア!!」と飛び上がって驚きました。

飛び出してきたのは、なんと猫さんでした。

籾殻の中で眠っていたんだね。

起こしてごめん、、、




もんちゃんと顔を見合わせて

びっくりしたねー、、、

と、散歩再開したのでした。




犬の散歩は犬でなければ体験できないことを一緒に味わえる夢の時間。

ほんの少し、犬のように嗅いだり聞いたり見たり感じたりできる時間。

犬たちがどんな事に興味を持ち、どんな所が好きで、どんな風に楽しむのか知れる時間。

犬の事を知り、犬に少し近付ける大切な時間なんです。

だから私は犬について歩きます。

それが人とは違う犬という動物と暮らす意味であり楽しみなんです。




人は犬を人間に合わせさせようとします。

人間の楽しみに付き合わさせようとします。

じゃあ何故人間だけで暮らさないのだろう?

なして?

素朴な疑問です。



にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村


黒柴犬ランキング